読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サフィの恥さらし!

毎日書きます…(震声

注意じゃない警告だ。


みんな退け!
baby,こんな風に進むのは危険すぎる。
僕を導く本能。
もう一人の僕を目覚めさせる。

f:id:tokyosb:20161004000151j:image


up10tionのso dangerousより。


おいてめーら、ぜってえ俺の女に近付くんじゃねーぞコラ。

ってゴリゴリの俺様ソング。

ちなみに、パフォのサビでみせる腹筋ダンスが絶品です。
ご馳走様でした。
ぜひご賞味くださいまし。
スーツ、射殺す眼差し、腹筋の三点セット。
見逃す手はないですぜ。



 ずっと考えてたんだけどなんでkpopアイドルって整形しまくってまで美男美女にならないといけないか、って疑問ね。

あれ、かなりkpop聞いてたらわかってくるんだけど。

kpopの歌って、女アイドルなら、

「あたしってこんなイケてる女なのに。なんで貴方だけ振り向かないの?」

とか、

「あたしが貴方の女神になって導いてあげる。」

とか、JPOPの女アイドルにないような、上から目線の歌がすごく多いのね。

まずブスは歌えないような歌が多い。
だから、美人でなくちゃいけないのは曲質もあるのかなあ、って。

男アイドルも同じ。

お前は俺のものだ、

とか。

お前は俺の奴隷だ、

とか、とにかくサディストモード全開のkpopをもしも冴えない男が歌ったら殴り殺したくなるでしょう?

そういうことなんですよ、多分?!


ま、そんなことはどうでもよくて。
今日はkpopについて書きすぎたね。
ホント好きなんだ。
あと、久々にいい曲に出会えて興奮してる。
うん、どうでもいいよね。



今日はバイトでしたよ。

またしても覚えることが多すぎて頭が痛くなった。
オーダーの取り方とかレジのやり方とか、料理の補充の仕方とか、失敗しまくりながら。

 特に、レジ。

なにあの意味のわからない機械。

もうこれからパートのおばちゃんを尊敬の熱い眼差しで見つめてしまうわよ。

間違えたレシートとか出しまくって、
行列作って、

嫌な汗を存分にかいたあとで、やっとなんとかできるようになったときは泣きそうになったわ。


制服のシャツは汗まみれだし、立ちっぱなしで足は痛いし、明日もこれかと思うと泣きたくなるわよ。

でもこの全て、旅費のためだからね。
春休みどこそこ行くためと思うと頑張れるわよ。



ただね、今日スケジュール帳みてたら今の状況がどれだけやばいかもわかってきた。

全体練まで二週間ちょい。
HSKまでは二週間を切った。

こうやってダラダラ過ごしてたら後期が終わってしまう。

 明日もバイトだし、若手の会もあるけど、

単語とか、文法暗記事項とか構文なんかは持ち歩いて隙間でやっていくしかないよね。

ああ、考えたくない。
何にもせずに、up10tionのメンバー覚えたい。


あと、問題のリスニング。
明日から必ず1回分ずつ解いていこう。

聞き取れないと思うけどそれも覚悟の上で。


この二週間は死ぬ気でやらないと文化祭、HSK共倒れだ。

そしてこの中国語のまま春休み上海に働きに行ったら確実にワタシの臓器はない。

でも、怖いことと大変なことばかりじゃない。

4回生の女先輩たちと女子会できることになったんだよね。

それが最近一番の楽しみ。
あとは何と言っても若手の会のあとの同期の飲み会かなあ。
それと、土曜日の中国語講座

隙間隙間で色々やらないといけないことしないとだめだなあ。



でも、今日は色々覚えたし、up10tionにも出会えたしいい一日だったんじゃないかなあと思う。

以下、またしてもkpopトーク続くから興味ない人はここまででいいわよ。







そもそも、up10tionのso dangerousよ。
束縛したい男の気持ちを歌った歌だけど、とても共感できるところがあるわよね。
 気持ち悪いことどんどんぶっちゃけるけど、
ワタシは好きな人が出来たら、本当に大変なことになるし、好きな人に女の子が触ろうとしたら身を呈して阻止したくなるくらいにめんどくさくなるんだよね。
 ただ、このツラで嫉妬深いヤンデレ何ぞやろうもんなら、殺される以外に道ないでしょ?
 だから、めんどくさいことになる前に距離とって終わらせるパターンが一番多いんだよね。
 だから今まで彼氏できたことないんだけど、たぶんこんな重い気持ちを受け止められるような人いないし、好きな人に迷惑をかけるのもよくないと思うから、結局諦めて終わる。

 だけど、本当。
好きな人ができたら、キザないいかた「世界がこの人に気がつきませんように」とか真面目な顔して言いたくなる。
ホント目も当てられない。

だから、
好きな人が女あざといの子の罠にはまりそうになったり、ボディタッチにデレデレしてると、
「こんな風に進むのは危険よ!」と、言って止めたくなる。

止めないけどね。
そんな資格はないし、どうすりゃいいかわかんないしね。


ま、ややこしいこと考えて、逡巡して頭の中自己完結して平然な顔で、何食わぬ顔で終わらせることがワタシの恋愛の王道パターンです。

故にヤラハタ。
チーム年齢。


懐かしい言葉が並んだところで本日はもうおやすみなさいまし。