サフィの恥さらし!

毎日書きます…(震声

愛せる力を勇気に

 

過去を見ないで、見つめてワタシだけ。

 f:id:tokyosb:20170116005840j:image

 

MISIAのeverythingより。

雪になったらこれか雪の華が聴きたくなる。

 

有名な曲だけど、やっぱりいいものはいいね。

 

https://youtu.be/aHIR33pOUv0

 

 今日は、大雪。

朝目が覚めたらものすごい積もってたからうんざりと起き出して。

 

 とりあえず二日酔いで重たい頭を抱えて外に出ると見事な雪景色。

 

うんざり気分は何処へやらぬいぐるみを持ち出してきてこんなことして遊んでました。

 

f:id:tokyosb:20170116005810j:image

 

f:id:tokyosb:20170116005825j:image

 

左のぬいぐるみは昨日LOFTで買ったやつ。

ペンギンと遊んでるうちにペンギンになった子供のキャラクター。

 

まだ名前決めてないけど、かわいいよね!

 

んで、こんなことして遊んで部屋に戻ると同期の幡汰と我闘が起きてきたのでフカフカの雪に足跡をつけながらコンビニで朝ごはんを購入。

 

その帰りに、またしてもワタシが

仁和寺にいこう!!」

と思いついたので、3人で行ってきました。

 

f:id:tokyosb:20170116010141j:image

 

本当に綺麗だった。

 

それにしてもすごい雪で…

 

f:id:tokyosb:20170116012318j:image

 

f:id:tokyosb:20170116012340j:image

 

五重の塔も雪化粧してこの通り。

 

f:id:tokyosb:20170116010218j:image

 

仁和寺にしっかり来るのは初めてだったから、それも相まってすごく感動してしまって、ひたすら

「綺麗ー、すごいー」

 

という悲しいくらいに語彙力がない感想を繰り返しました。

 

んで、とりあえず家に戻って。

 

少し早めに賛助先の嵐山へ。

 

この日ワタシと我闘は賛助だったんだけど、2人して幡汰に詰め寄って賛助先の嵐山に向かいましたよ。

 

初めて乗る嵐電に大興奮のワタシはここでも写真バシャバシャ。

 

雪だらけの仁和寺の駅とか

f:id:tokyosb:20170116010630j:image

 

雪と嵐電とか。

f:id:tokyosb:20170116010703j:image

 

これだけでもテンションが上がりすぎて手がつけられなくなって、西大路行きの電車に乗り込むワタシはなんとか嵐山行きの電車に乗り換えて。

 

小鹿が大好きな嵐電の嵐山の変な歌も聞いて、

嵐山に到着。

 

案の定の吹雪。

 

コートのフードを防空頭巾のようにかぶって、頑張って渡月橋へ。

 

 もはや手の感覚もなくなって、冷たいとか寒いとかじゃなくて、「痛い」の域に達したワタシたちを嵐山は絶景の冬化粧でお出迎え。

 

f:id:tokyosb:20170116011200j:image

 

言葉を失ってぼーっとしてるワタシと我闘を嵐山でバイトしてる幡汰が一番綺麗に見える場所に連れて行ってくれました。

 

f:id:tokyosb:20170116011300j:image

 

f:id:tokyosb:20170116011326j:image

 

ブクブクに着膨れしたワタシもフードを脱いでこの笑顔。

 

悔やまれるのは化粧してこなかったこと。

本当に悔しい。

 

ま、そんな宇宙一くだらない後悔など置いといて。

 

吹雪のなか渡月橋を渡って、思う存分嵐山を拝みました。

 

残り時間も少なくなったからそのあとは少し急いで、嵐山もう一つの有名どころの竹林へ。

 

ここも雪だらけですごい光景。

 

f:id:tokyosb:20170116011622j:image

 

f:id:tokyosb:20170116011637j:image

 

重たそうな雪を背負った竹のトンネルを外国人観光客にもまれながら恍惚と歩いて行きました。

 

神社もそれは見事な仕上がり。

 

f:id:tokyosb:20170116012032j:image

 

f:id:tokyosb:20170116012057j:image

 

寒さで顔が真っ赤のワタシです。

ご確認ください。

 

その奥の静かな雪の道も歩いて…

 

f:id:tokyosb:20170116012128j:image

 

嵐山観光はおしまい。

 

賛助のお時間です。

幡汰はまだまだ観光続けるそうで、全く元気な野郎だと思いました。

本当に幡汰の案内はありがたかったなあ。

 

初めての嵐山だったけど、それはそれは楽しくて、雪じゃないときも来てみたいと思ったし、トロッコとか川下りの話を聞いて、行って見たいなあ、と思ったからまた一緒に行きたいと思った。

 

このあと、因縁の初天神にまたしても爆死したのはまた別のお話。

 

賛助先は親切で優しかった。

 

だからこそマジで申し訳なかった。

 

 今度は逃げずに焦らず楽しくね、テストに追われる同期に嫌がらせ(マンツーを見せる)しながら、2月の賛助ではもっとマシなものが出来るように努力しようと思ったけど。

 

そんな固い決意は今は頭の片隅に。

 

帰りの嵐電に乗り込んでガタンゴトンと北野白梅町に帰っていったわけでございます。

 

 我闘と他愛もないことをくっちゃべっていたら行きはあんなに長く感じたのにすぐに北野白梅町に着いてしまった。

 

毎度出かけるたびに思うのだけれど、どうしてこう行きは遅いのに帰りは早いのだろうか、と。

 

 それにしても今日は本当に幸せな1日だった。

 

寒くて冷たくて痛くて疲れて、だけど幸せで神経がバカになってて3人ともずっと笑い続けてました。

 

 毎回出かけると、楽しい!綺麗!来てよかった!と騒ぎ立ててしまう自分にどうしてもっと静かに出来ないのかとあとで後悔してみたり恥ずかしくなってみたりするのだけれど、それでもやっぱり楽しくて、口に出さずにいられないんですね。

 

去年の今頃にも雪が降ったけど、あの日は何にもしないで家でぼんやりと過ごして終わったのに、今年は気のいい仲間とワーワー言いながらお出かけができて本当に嬉しかった。

 

  本当に2人には感謝しかない。

 

でもね、まだまだお出かけしたいから。

 

次雪が降ったらね、まだまだ京都雪化粧見たいところたくさんあるんだから、また「どっかいこう!どっかいこう!」って騒ぎ立てると思うし。

 

桜が始まればまた、

「お花見!お花見!」

と大量のお団子をもって詰め寄るんだと思う、ワタシは。

 

 

まだまだ楽しいことたくさんしたいから、どんどん連れ出しに行きますよ。

 

あと1回くらい雪が降ればいい。

 

今度は雪用の手袋買って本格的な雪遊びしよう。

 

 幸せで暖かい気分の今日が終われば、またバイト。

 

頑張ります。

 

おやすみなさい。