読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サフィの恥さらし!

毎日書きます…(震声

手付かずの1日が

僕がいなくても地球は回り続ける。

君がいないなら、他の朝はもうやっては来ない。

 f:id:tokyosb:20170131045635j:image

 

スキマスイッチの雫より。

https://youtu.be/ILT62ELPuqc

 

獣の奏者エリンのオープニングだった。

アニメ最後まで見れなかったし本も最後まで読めなかったから、いずれ読みたいし見たいと思ってる。

 

この歌すごく好きなんだよね。

ぜひ一回聞いてほしい。

 

 

 久しぶりの更新ですね。

今日はバイトでした。

久しぶりのストレスフリーのバイト。

 

行く前からさんざんヤダヤダがごねてたけど行ってみたら案外行けたのでまあよかった。

賄いは相変わらず美味しかったです、毎度ごちそうさまです。

 

 んで、いままでサボりにサボったレポートを片付けていた。

特に基礎講は辛かった。

死ぬほど興味のないところを死にそうになりながら書ききった。これで単位来なかったらしらん。

もう無理だったしその単位とは縁がなかったのさ。しょうがないよ!

 

今回は和歌の考察が課題だったんだけど、この課題の上では、

 

和歌の面白さがわかんない。

 

という、くっだらない洒落を発明したことがハイライトですね。

 

まあ、要はそのくらいどうしようもない課題消化だったってことです。

 

もう終わったからスッキリしてるけどね、もー途中でデータ飛ぶし、大変だったわよ本当。

 

 

   あと、今日は12月に受けたHSK(汉语水平考试)の成績が帰ってきてた。

 手応え全然なかったのに、合格点まであと9点だったことを知って、なんとも言えない気分になった。

 

 もしも、ちゃんと勉強できてたらなあ…という一抹の未練が胸を通り抜けて行ったよ。

 

ちょうど冬公演真っ盛りの頃に受けたんだよなあアレ。

 もしちゃんと落ち着いてたら残り9点くらい楽勝で取れたかもしれない、とか。

いい勝負できただけでよかったと思わなきゃ行けないのに、だめだね。人間は欲が深い。

 

でも、まだまだへっぽこだけどこの一年間本当中国語は伸びたと思う。

まだまだ全然だめだし、発音悪すぎて話せないけど、この成長は素直に自分を褒めてもいいと思った。

 

お父さんと電話してたら、

「若いっていうことは、ひたむきになれるってこと。」

だからどんどん挑戦しなさい、と言われた。

 

なんだろ、次回受ける時は余裕で合格したいし、春休み頑張って勉強して一つ上の級にも出願して頑張っていこうと思う。

 

 

弟は明日から大学入試。

ワタシが惜しくもHSKに滑ったのは弟の代わりだったのかなあ?

 

 受かるといいなあと思いながら、健闘を祈ってるわよ。

 

 

あと何か書くことあったかなあ?

 

あ、そうそう。

最近、小説を書き始めました。

前からいろいろ書いてたんだけど、今回は気合い入れてプロットとかそういうのちゃんと考えて書き始めたんだよね。

 

 いいものがかけたらここにリンク貼ろうと思うから、暇で暇でしょうがない人はよかったら読んでやってください。

 

詳しいこととかはまたここで書いたり貼ったりしていきたいと思います。

 

まあ、今日はそんな感じで。

もうお休みなんて時間じゃないけれど、おやすみなさい。